不眠症にならないために

不眠症にならないために

快適に日中過ごすために、質のいい睡眠は必要不可欠です。

 

そんな睡眠をとる事ができない病気が、不眠症です。

 

 

 

不眠症には様々な原因が考えられます。

 

生活習慣の乱れで、夜眠る事ができない不眠症や、服用している薬の副作用で眠れなくなる不眠症、精神的な要因から眠れなくなる不眠症、身体の不調からくる不眠症、その他にも不眠症になる原因は多々あります。

 

 

 

そんな不眠症を起こさないために、日頃の生活習慣を見直す事で、改善される場合があります。

 

不眠症 サプリ

 

例えば、夜は眠たくなってから、布団に入るようにします。

 

眠たくないのに無理に寝ようとしては、プレッシャーで余計に目が冴えてしまいます。

 

身体が眠りのサインを出してから、床に就きましょう。

 

 

 

次に、コーヒーや紅茶などのカフェインは控えます。

 

カフェインは刺激物なので、摂取する事で、眠気を覚ましてしまいます。

 

特に寝る前のカフェインは控えましょう。

 

 

 

最後が、昼間は適度な運動をし、太陽に当たります。

 

運動する事で身体を疲れさせ、太陽に当たる事で、体内時計を整えます。

 

昼夜のリズムを付ける事で、夜は副交感神経が働き、眠りにつきやすくなります。

 

 

 

不眠症に悩んでる人は薬に頼る前に、生活習慣の改善から始めてみましょう。

 

規則正しい生活は、質のいい睡眠を誘ってくれます。

不眠症には太陽が一番

 

時々不眠症で眠れない日が何日か続きます。

 

 

 

はじめのころは結構悩んでいました。

 

不眠症にいいものをいろいろ調べて取り入れていました。

 

 

 

アロマテラピーやお風呂の時間や温度を気にする、

 

リラックスするカモミールティを飲む、

 

パジャマを肌触りのいいものをとか

 

気を遣っていたけどあまり効果がありませんでした。

 

 

 

次第に無理に寝ようとしない、何日か眠れなければそのうち眠たくて仕方ないときがやってくると信じて気にしないようにするのが一番だという結論に達しました。

 

 

 

それから、朝起きて紫外線が気になりますが、数分直に太陽を浴びるのも効果がありました。

 

これははじめはめんどくさい、起きるのがつらいのにできるかなとか

 

弱気でなかなか取り入れていませんでした。

 

 

 

不眠症ではじめたのではなく、運気アップにいいと言うことではじめたら、これが睡眠サイクルにかなり効果が出たのです。

 

 

 

直に浴びれない人は浴びれる場所に散歩するのもいいと思います。

 

太陽には体内のリズムを整える効果があるといわれていますが、

 

ほんとその通りだと実感しています。

 

 

 

結構早い段階で効果が出るのでおすすめです。

 

 

 

不眠症はストレスや食事のバランス等も関係しているとは思いますが、

 

太陽を浴びるのはかなりいいです。

不眠症解消方法

 

不眠症は睡眠困難を訴えている状態のことであり、眠れないということは、後々日常生活に支障をきたす場合が多く、注意散漫になるので、早めに解消するべき問題です。

 

不眠症になる原因は色々ありますが、ストレスや不規則な生活など現代病ともいえる病気なので、何故自分が眠れないのか原因を突き止め、リラックスした状態で眠れるよう調べる必要があります。

 

睡眠を誘導する物として定番なのが、ヒーリングミュージックやラベンダーなどの香りで、リラックス状態にして眠りに付かせるというものです。

 

ヒーリング音楽は色々ありますが、テンポがゆっくりとしたクラシックや自然の水の流れや風の音などを聞いているだけでもかなりのリラックス効果が得られます。

 

後は、体を動かしてある程度の疲労を体にためるというのも有効的な方法ですので、適度に運動してみてください。

 

軽度の不眠症であれば民間療法や自己努力で何とかなりますが、何日も眠れないという重度の場合は病院に行って診察を受けた方が良いです。

 

睡眠薬を処方してくれる場合もありますし、専門医のアドバイスを受ける事が出来ます。

 

市販の睡眠薬を飲むと、不眠症が悪化する恐れがありますので、飲む前に民間療法で治らない場合は専門治療を受けましょう。